JMC 日本モータースポーツ専門学校大阪校(2級整備士養成校)

新着情報

2018年05月07日 UP!
モータースポーツ

岡山国際-岡山チャレンジカップレースのレポートが届きました!~日本モータースポーツ専門学校~

こんにちは!ブログ担当の三好です。

藤井先生から、岡山国際‐岡山チャレンジカップレースのレポートが届いています!

↓ ↓ ↓ ↓


今回お世話になるのが「INGING MOTORSPORT」になります。

た

国内トップフォーミュラ「スーパーフォーミュラ」において、昨年度はチャンピオンに輝いています。

 

そして今回、人材育成を中心にモータースポーツを体験してもらい、仕事に役立てる。

そのようなconceptのもとJMCの学生と共に岡山国際 チャレンジカップ2時間耐久レースに参加させて頂きました。

 

4月20日(金)からのスポーツ走行から早速参加させて頂きました。

4月21日(土)は9:20から45分間の練習走行と14:00から45分間の練習走行の2本を使い、走行データやセッティングなどをつめてき、日曜日の9:20から25分間の予選につなぎます。

 

20日(金)はPITの設営と14:30の走行枠と15:50からの2枠目の走行を行いました。

ち

設営に関しても、自分たちのホームベースを作るべく、多くのノウハウがあり、それを活かしながらPIT及びパッドクの設営を行いました。

学生達は、学ぶことも多かったと思います。 先ずは、注意深く観察し、気づきを習得し、そして明日の改善につなげる・・・自分たちの走行実習に、この経験を活かす、そして自分自身の力にかえる。

今回のレース車両は、N1レギュレーションで作られた86でゼッケン#2と#96の2台の車両になります。

 

明けて4月22日(日)予選・決勝レース当日!

予選では、非常勤講師の阪口先生がコースレコードを樹立しポールポディション。

つ

クラスは違えど、速さを見せつけられました。

予選が終りレースまでのインターバルの時間では、PIT/IN時のタイヤ交換の練習や給油の練習を時間の許す限り行っていました。

 

メカニックのレースに対する姿勢などもしっかり学べたのではないでしょうか。

て

2時間耐久レース、スタートが近づくにつれプレッシャーも意識も上がっていきます。

レースにおいては、義務ピット回数が2回と決められており、ドライバーチェンジも2回、給油も2回、タイヤ交換は状況をみて1回なのか・・・

 

エンジニアが作戦を考えて行きます。

と な

レース前に向け、ピット内が慌ただしくなります。

今回参加させて頂いた「INGING MOTORSPORT」親会社はトヨタカローラ山口(株)さんになります。

以前、卒業生が就職でお世話になりました。

その卒業生も今年はスーパーフォーミュラのメカニックになり、開幕戦鈴鹿でがんばっていることでしょう。

 

今回お世話になっている「INGING MOTORSPORT」のオーナーでもあり、トヨタカローラ山口株式会社の代表取締役社長でもある、卜部 代表取締役社長もドライバーとしてこの2時間耐久レースに参戦しています。

#96号車に卜部代表の名前が刻まれています。

に ぬ

スターティング・グリット上では・・・スタート前の最終点検が行われていました。

↑ ↑ ↑ ↑

続きはまた後程アップ致します。お楽しみに! 😆 

 

********************************************

本校は絶対に面白い専門学校ですよ。

アクティブでクリエイティブ\(◎o◎)/!

進学に迷っているかたは、ぜひ一度本校に遊びに来てください。

きっとJMCのかっこよさに惹かれてしまうと思います。

 

JR大正駅から徒歩2分です。

次回のオーキャンは、

 2018年5月19日(土)です。

ご予約はコチラ!

皆さんの勇気を応援しております!!\(^^)/

きっと あなたの「なりたい!」をかなえてくれます。

JMC:日本モータースポーツ専門学校大阪校

*******************************

オフィシャル
facebook
twitter

お問い合せ・ご相談

06-6555-0150 電話受付時間 9:00~16:30